会社案内

ご挨拶

当社は1986年に富国生命保険相互会社の子会社として誕生しました。以来、さまざまな市場変動を乗り越えつつ、長きにわたってお客さまの資産運用のお手伝いをさせていただいております。現在もこのように活動を継続させていただけるのも、ひとえにお客さまをはじめとする皆さま方のご支援の賜物と感謝いたしております。

世界を取り巻く政治・経済の不確実性に加え、2020年は新型コロナウイルスという新たなリスクが顕在化しました。このパンデミックを通じて我々は「新たな日常」を否応なく模索せざるを得ない動きに取り込まれています。結果として、人々の行動様式の変化、さらには産業経済上の変化がもたらされようとしています。金融、財政の枠組みにおいてもこのパンデミックをきっかけとして極めて異例な緊急避難的な対応が行われ、これまでの常識が通用しづらくなっています。こうしたことが、通奏低音のような世界の人口動態の変化などとあいまって、資産運用の枠組みにおいても大きな変化をもたらすことが予想されます。運用会社には、こうした時代の変化の兆しを素早くとらえつつ、変わるものと変わらぬものを正確に見極めつつお客さまから任せられている資産にしっかりと価値を付加し保全していくという、高い使命が課せられています。我々は、たゆまぬ努力によって資産運用の高度化を進めると同時に、期待される成果を実現し、受託者責任を全うできるガバナンス体制を敷いて、お客さまにご満足いただける最高のサービスと満足を提供してまいります。引き続き、投資先企業様に対するスチュワードシップ活動、ESG(環境、社会、ガバナンス問題)を含めた責任投資への強いコミットメント、グローバルな視点での協力を通じた運用への取り組みなどにより、良好な運用実績をお客さまに提供し、来るべき新たな世界におけるお客さまの満足とよりよい社会の実現という使命を果たしてまいります。

これらの実現のため、当社は、フコク生命グループの共通の価値観である「お客さま基点」にもとづいた『「お客さま基点」の業務運営方針』のもと、「一歩先の未来」を見据えたお客さまの利益を追求すべく、運用プロセスの見直しや結果の向上、及び内部管理の徹底に努力してまいります。スチュワードシップ活動およびエンゲージメント活動に関しては、責任投資委員会の議論に基づき、マイルストーン管理や集団的エンゲージメント活動への参画などを通じて一層深くかかわっていく所存です。今年度は責任投資体制の充実を目指して組織改定を行ったほか、利益相反に関連する諸規程等の改正も実施し、お客さまに対する受託者責任管理体制の向上を図りました。

今後もお客さまに資産運用におけるさまざまなアイデアやお手伝いを提供するに当り、従来にも増して当社役員従業員一丸となって日々研鑽を重ねレベルの高いソリューションをご提供できるよう努力してまいる所存です。引き続き皆さま方からのご支援ご鞭撻をお願い申し上げます。

代表取締役社長奥本郷司

代表取締役社長
奥本 郷司